だいぶ寒さが緩み、配布員さんも活発に動きやすくなってきました。

さて、ポスティングには「クレーム」がつきものと言っても過言ではありません。
もちろん、ポスネットの配布員さんは「チラシお断り」などが明記されたポストへ投函しないことを徹底しております。

ですが、注意書きのないポストへの投函でクレームが発生することは多々あります。
1人1人が真面目に配布しているからこそ、そうしたクレームが発生するというのが実情です。

クレームの大部分は「もうチラシを入れないで」「チラシを回収して」というものです。
ポスティングをご依頼頂いたお客様にそうしたクレームが入った場合、ポスネットにお知らせ下さい。
すぐに担当が謝罪対応をさせて頂き、クレーム情報の記録をして次回以降そのポストへ投函しないように情報共有をいたします。

クレーム情報の蓄積も、ポスネットの重要な財産となります。
頻繁にお仕事を頂くエリアでは、蓄積された情報に従って配布を行いますので、ほぼクレームは発生いたしません。
しかしながら、毎年年度末の転出入時期になると「新しいクレーム」が発生するのは防げません。
特に4月~5月にはアパート・マンションなどの賃貸物件でクレームが発生することが増えます。
そのため、すべての現場でこの時期にはクレーム情報に格段の注意をしております。

逆に言えば、新年度にクレームが一切無いというポスティング会社さんは不自然であるとも言えます。
弊社に限らず、すべてのポスティングでは最小限のクレームは必ず発生するものです。
お客様からご依頼を頂く際にご説明もしておりますが、発生したクレームへのご対応も、ポスティング会社の大事なお仕事です。

だからこそ、ポスネットではクレーム対応も含めたサービスにしっかりと取り組み、今日もお客様のチラシを1枚1枚大事にお配りしております。